格安SIMや無線機で快適生活|ハイテク機器で退屈という危機を回避

mobile phone

電話回線の勧誘

よくある電話回線の勧誘方法

smartphone

最近、自宅に電話回線の勧誘の電話が頻繁にかかってくる。大体の対応は、電話に出た親が対応しているが、回線の知識が無いため、一方的な話を聞いて困惑している様子が窺われる。 電話回線と言っても、多くのサービス業者、多種多様なサービスがある。例えば、インターネット、光テレビなどである。 それらのサービスについて、口頭だけの説明では、私自身も理解に苦しむことがあり、ましてや知識の乏しい親にとってはなおさら理解に苦しみ、聞いている当事者のみではなく、サービス業者の方も労力を使うと強く感じている。お互いに時間の無駄にならないように、効果的な連絡方法が必要であると考え、改善の余地があるとも考える。 勧誘方法についての改善策は、個人的な内容であるが、次の節で記載する。

求める勧誘の方法と改善

電話回線についての勧誘方法で、改善が必要であると考えるのは次の点がある。 第一として、 無闇やたらに電話をかけるのではなく、事前資料の送付等をしてから、その内容に沿って提案していただきたいと考える。さらに、料金表やサービスの種類などをマトリックス図にしたものであれば助かる。内容の理解も深まると共に、送付された資料に紐づく電話である安心感も得られる。 第二として、一度お断りした際には連絡をしばらくしない方が良いと考える。あまりにも同じ内容で同じ業者から電話があると、対応の時間をロスする。また、くつろいでいる時などはストレスに感じてしまうこともある。 以上の点から、電話回線の勧誘を行う際は、口頭のみでなく資料に基づく分かりやすい説明と、勧誘の連絡が短期間の間に繰り返しとならないよう、連絡先の履歴も確認することが必要であると考える。